2018年6月21日木曜日

ブラコメとレディキャロ@西永福JAM。

 

西永福頂上作戦の朝。

まずは歩こう。
ウォウウォウウォ〜歩いていこう。

恐らく至近距離に有名俳優が住んでるらしく早朝ウォーキングの時によく宅の前で対峙する。
キャップにグラサンで犬の散歩。
映画も何本も観たことあるからつい親近感から「おはようございます」なんて挨拶してしまいそうになる。しかし間近で見ても男前。

チャリで五分なのにほぼ初めましての西永福。
街を知りたい!
と駅前のラーメン屋に入るが所謂フランチャイズ然としていてなんともノーコメント。

ハコに着く人着く人みんな「いやー綺麗だねー!」って口々に。
そりゃそうだopenしたてで汚かったら嫌だ。
高野氏がMCで言ったようにこれからいろんな人の体から出る液にまみれてこの空間は歴史を刻んでいくんだろうね。

Radio Caroline。好きです。
パッチさんは男の色気がある。
しかも今日知ったがなんだか俺の地元の先輩とも繋がりがあったり。

2016年ぶりの共演だ。





リハも滞りなく終わったらすぐに本番。

5人が6人になり。
華やかなケイタが今までとは違うTHE BLACK COMET CLUB BANDを演出してくれる。
嗚呼俺ももうちょい学生時代トロンボーンとチューバ真面目にやっとけば人生違ってたんかなとか考える。

いいライブだった。
昔から心がけてることそれは
いい時の自分を模倣しない
だ。
前回のライブが最高だったとしてもそれをなぞった時点でそれはもう表現者として退屈なやつに成り下がっている。
だから毎回俺は全員初めて自分たちを観た人として叩いている。

もっともっとよくなるよ。
それだけは絶対に言える。

M・O・G、佐山さん、窪、黒ちゃんや大好きな友達にいつもありがとう。
いつも駆けつけてくれるあなたたちがいるから俺は頑張れる。
前文と矛盾してるかもしれないが。 



いい3人!
いい3人!


高橋先輩、百々ちゃんも来てくれて。
今宵もコウジ三人が揃った。
全コウ連をもっと大きくしていきましょう!
誰がいます?他にコウジ。
吉川コウジ先輩
岩川コウジ先輩
山本コウジ先輩

広島ばっかやん!


そして高野哲、百々ちゃんとタメ三人も久々に揃った。
ウエノコウジから「あとお前らのタメは誰がおるん?」と。
あ、細美くんだね!と。
なかなか濃ゆい世代。
ちなみにキムタクと貴花田もだけどね。

同じ年なのに敬語を使うウエノコウジとコビー。
勝さんが帰った後に「確か小林くんとはタメだったような気がするんだけど」とウエノコウジ。
「タメですし前回(2016)対バンした時も同じこと言ってましたって!」と一同。

そろそろ解散。
じゃあまた!って哲と百々がハグする。
俺が大好きなボーカリスト2人だからこんな光景を観た時はウルっとくる。





そして誰もいなくなった西永福駅前。

俺とはじめと黒ちゃん。

よし、もう一杯だけ行くか?終電まだある?

ありますあと30分ちょい。

お、じゃあ軽くいく?

ですね〜…

どする?

・・・・・

ま、じゃあ解散するかね?

はい!

おつかれさま〜

また明後日ね



続きは札幌で。
ポロサツ頂上作戦や。

2018年6月20日水曜日

GONIN meets KEITA。



 
梅雨の雨。

W杯。
国のためになんか戦わんでいいぞ。
元は繋がるただの地面。
国なんかどうでもいいからそんな実態のないもの背終わず自分と自分を支えた大切な人のために戦ってくれい。

なんだかんだ意味づけて個人の夢に乗っかりまくって便乗商法するやつらばかりだし交差点で大騒ぎする「THE群集心理」のお手本みたいな連中とは一瞬たりとも同じ空気を吸いたくないのよと仏頂面で静観を決め込む。




雨はじゃぶじゃぶ降るがスタジオを目指す。
明日の西永福頂上作戦に向けてのTHE BLACK COMET CLUB BAND meets青木ケイタリハーサル。


大人になって初めて管楽器を持ったケイタと中高吹奏楽部(ともに部長)でありながらおちゃらけてちっとも真面目にやらなかった俺の差が如実に表れる瞬間でもある。ってなんのこっちゃ。

ゴリっとしたワイルドサウンドを彩るケイタのsax and flute。
一曲合わせるたびに勝さんが「こり〜モテるわ!」を繰り返す。
それを自分のことと都合よく解釈して「いや~参りますね~」とはじめ。

ガッツリとセットリストを6人でなぶり倒して終了。

前祝いにどなたか一杯どぉ?ねぇケイタくんよ。
なんて口からでかかった瞬間「じゃ明日〜!!」って全員元気よく異議なしの解散で握った拳を静かにポケットに納め缶酎ハイで適当に自分を慰めた深夜、背徳のうまかっちゃんで故郷を想う 。






シリーズ 今日の一枚♫:ALICIA KEYS「Here」(2016)

2018年6月19日火曜日

健康第一。

 
 
 
亜無亜危異がニューアルバムを出しTH eROCKERSが再始動。
ホントに2018年ですか?
まだまだ元気な先輩方。

久々のお天道様。
そして健康診断。

体重3キロ減
身長3cm減(そんなことってある?)
縮んできてる…
聴力検査は散々な感じで更に衰退。
バリウム飲んでぐるぐる回され終了。

夜はレッスン。
あ、W杯サッカーだったの?知らなんだ。
非国民ですかね。

なんだかんだでまた曲叩き込む期間に突入。やったことないフレーズがいっぱい。


夜はドラムレッスン。
自分でも忘れがちな「楽しんで叩く」ということを改めて見つめなおした時間だった。


シリーズ 今日の一枚♫: TH eROCKERS「COME ON」(1981)

2018年6月18日月曜日

君に会いにいかなくちゃ。

 
梅雨の雨。

ブラックサンダーの柿の種がやたら美味い。岡部くんに大量生産依頼せねば。


ラジオから流れてきた井上陽水の新曲がとてもよくてやさぐれた心もほぐれた。音楽っていい。

井上陽水の思い出。
幼い頃、大分県日田市に墓参りの帰り道。
軽自動車の後部座席に三兄弟は狭くとても窮屈。
当時はまだバイパスがなかったから真っ暗な山道をぐるぐるぐるぐるとそこに親父が好きだった陽水のカセットテープを割と音量大きめで流す。
狭いし暗いし窮屈だし。
「傘がない」
都会では自殺する若者が増えている

子ども心にどうしようもない絶望感みたいなもので胸が締め付けられる。

だから陽水はその時を思い出してしばらく嫌いだった。
大人になって大好きになったけど。

親しき中にも礼儀あり。
アルコールも手伝ってちょっとやらかしてしまい物凄く反省。
電話にて直接謝罪。
携帯片手に深々と頭を下げる。
大人の対応で快く許していただいてよかった。
その件で一日モヤモヤしていたから夜帰宅してやっと落ち着いた。
 
 
 
 
 
 


「ありがとう トニ・エルドマン」を鑑賞。
いろんな感情が溢れるとてもいい映画だった

 
ちびちびと呑って早めの就寝。
シリーズ 今日の一枚♫:Underworld「Beaucou Fish」(1999)

 

2018年6月17日日曜日

STANDING,STANDING。



ここ一週間ネットもWiFiも繋がらず何故か一日だけ復活したが不便極まりなく結局作業員さんに来てもらうことに。
午前中の予定をキャンセルして待ち構えていたが宅急便同様に「いつ来るかわからないから何にもできない」時間が非常に苦手で喫煙時代なら足元に吸い殻が山盛りになったであ ろう1人ピリピリムード。って実際にはその時間を利用してシンクなんかを掃除しながら穏やかに待ってだが。 意外と予定より早く来てサクっと作業終了。
ようやく世界と繋がった。




夜はキースさんと待ち合わせて新宿LOFTへ。
THE STREET BEATS30周年記念メモリアルライブへ。
30周年休むことなくしっかり活動しているって凄い。
  聴きたかった曲もたくさん聴けてとてもカッコいいライブだった。
そしていつも打ち上げも楽しいビーツチーム。



お久しぶりの木谷先輩も一緒でちょっとの間楽しく呑んだ。
  そしていつもファミリーのように接してくれて感謝です。

OKIさんは集合写真とか撮る時に必ずKAZIは?KAZIも入んなよ!と声をかけてくれる。
そしてライブ翌日には必ず「昨日はありがとね!」とメッセージをくれる。
そん な優しいOKIさん始めビーツチームに感謝。
終演直後のステージにて。
 
30周年おめでとうございます!



  オリジナルメンバー市川さん在籍時。世界は湾岸戦争の時代だった。

2018年6月14日木曜日

みんな元気でね。




 





いよいよ今年も夏の高円寺阿波おどりが近づいてきた。
8/25は純情商店街の2番手。
8/26はみなみ演舞場から10番目のスタート。
2日間で述べ160連。
凄い人数だ。

そしてセシオン杉並での舞台は8/26の11:30〜と14:00〜の二回公演。どちらもトップとは気持ちがいい。
個人的には流しより舞台の方が好きなので全力を尽くす。
毎年チケットを取るのが困難になってきてるのは嬉しい。もっと舞台の素晴らしさを知ってほしい。

そして高円寺の前には数年ぶりに本場徳島にて2日間叩く。楽しみでしょうがないね。


先日かかってきた一本の電話。
予想もしなかった角度からドラムの仕事の依頼。

先方と中野で待ち合わせての打ち合わせ。随分昔から知ってはいるが正式な仕事のオファーは初めてだ。

なんで俺?
と思ったが話を聞いて納得&快諾。

同郷であり同世代でもある先方と昔話やらも絡め酒は進み楽しい時間だったしどのような展開になるかはまだわからないが楽しみだ。
 


18歳から成人。
でも酒もタバコも20歳から。

ってなんか微妙なような。
成人式を終えて さぁ大人になった証に!って父親と酒を酌み交わすもんじゃないの?
って成人式出てないからわかりませんが。
その2年間の気持ちの置き所がわかりません。
というかそもそも二十歳になったからってみんながタバコや酒をやりたいというわけではないのかもね。


シリーズ 今日の一枚♫:THE POLICE「ZENYATTA MONDATTA」(1980)

 
 

2018年6月13日水曜日

オイルまみれの毎日汚れた面でとぼけた夢見てる暇なんてなかった。

 
心を亡くすと書いて忙しいとはよく言ったもんでなかなかに余裕がない。
これだけあくせくなんだかんだやってればもうちょっと報われてもいいと思うんだが。
所詮人類不公平だ。人類不平等だ。

約10年近く使っているホットサンドメイカーもだいぶ年季が入ってきた。

焼き加減が若干難しいが電気ではなく直火で焼けるところが気に入っている。
そんな今朝は納豆、韓国海苔、チーズ、カツオふりかけ、マヨネーズだ。

若い頃バイトしていた先の事務のおばさんが息子に作るついでにって毎日ホットサンドを俺の分も持って来てくれていた。それまでホットサンドっていう存在を知らなかったから
初めて食べた時の感動は憶えている。20年以上前の話。

あの頃何考えて生きてたんだろ?と思う。
もし戻ってアドバイスできるなら「もっとしっかりしろ!」とアドバイスを100個くらい付け加えてあげたい。

ドラムレッスンを終え帰宅して余力を振り絞り僅かばかりの晩酌を。

で、寝ようと思ったがカバッと起き上がり卵を焼く。この作業嫌いじゃない。
ちなみに俺の卵焼きはかなり甘め。

昼間には今年初の蚊取り線香。
やっぱ好きな匂い。
緊張の夏。









シリーズ 今日の一枚♫: FUGAZI「End Hits」(1998)

#シリーズ今日の一枚